FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城・石巻市黄金浜のプレハブ小屋 / TOUR 2011 燈 - 7日目

2011.11.07

2011-11-07 12.27.16

群馬で眠った翌日

朝8時に群馬の太田を出発して
須永さん夫妻と共に 宮城の石巻へ向かった

昨日の雨も上がり 晴れた秋の空


宮城の石巻 東北地方
今年3月11日の大震災で 大きな打撃を受けた街のひとつ
黄金浜は 海のすぐそばの町

そこへ行くことなったのは 絵がきっかけだった

20110326mami2.jpg

ブログに載せてた絵を
被災地に送る支援物資のパソコン達の 
デスクトップにこの絵をセットアップして送らせてほしいと
言って下さった人がいた という話を 憶えてますか

その方の支援物資を 被災地に届けた人 というのが また別にいらっしゃって
その人というのが 須永さんご夫婦だった

実は須永さんとは 過去、何年か前にFMで出会っていて
わたしのことをブログなどでも紹介して下さってた方なんだ

だけど 須永さんが 震災直後から各地の被災地に足を運ばれて
支援をされてるというのを知ったのは この絵の一件があってだった

わたしの住む 遠く離れた所からじゃ
大きな地震が起きたあの時 想像絶する恐怖や
灯りのない不安の日々を過ごしてる人達の様子というのは
電波を通して伝わる 文字や声 映像でしか知ることが出来なかった

夏に 直接連絡をとってお願いしたの
次にボランティアで行く時 一緒に連れて行ってほしいこと
迷惑にならないかって 考えなくはなかったけれど

自分の目と耳で見て聞く現状 知りたかったこと
求められているなら 現地の人と唄うこと
直接行くことの出来ない誰かに 伝えること

それが 石巻へ行った思いの大きなみっつ


そして私が見た 今の石巻の街

2011-11-07 15.07.33-s


2011-11-07 14.53.51-s


2011-11-07 15.08.20-s


画像 567-s



2011-11-07 15.32.12-s


2011-11-07 15.32.24-s

通り過ぎて初めて その大きさが分かった



2011-11-07 15.21.55-s

津波と火事で壊れた小学校


2011-11-07 15.20.07-s

教室


画像 561-s



2011-11-07 15.26.49-s

ずっと向こうまで瓦礫  堤防ではない



現地の人達と話をした
数ヶ月前まで もっと ひどかったと言う
ヘドロや腐ったもの 夏は耐え難い異臭だったと
死んだ人がたくさん 裸で
そこらじゅうに散乱していたと
そんな様子を 目の当たりにしたと
目を逸らさず 話してくれた地元の人達

考えるだけで苦しい


炊き出しの会場に着くと 少し笑わせてくれた

2011-11-07 15.47.52-s

わたしの名前が宮崎真実さんになっていた

ふふ 誰だろう? これにはみんな笑った


元々の予定の 黄金浜会館という公民館から
ちょっと移動した プレハブ小屋で唄うことになった

カレーの炊き出しと コーヒー
その中で 音楽

炊き出しのカレーは 大根や白菜の入ったカレーだった
飽きないように 色々具を考えてるみたいだ 美味しかった
今では地元の人が 自分たちで炊き出ししたりもしているらしい

地域の方が、軽トラに乗って、メガホンで、
炊き出しとコンサートのお知らせを呼びかけた
いつもこうやって放送で炊き出しの知らせなどが行われてるようだ


17時過ぎたらもう真っ暗で とても寒かった

知らせを聞いた周辺の人達が
自転車に乗って ちらほら集まってきた

最初は3人しか来ていなくて
早く来てくれたおじいさんおばあさん達とカレーを食べて話をしながら
人が集まるのを もう少し待ってみた

画像 571-s

それじゃあそろそろ始めようかと
10人満たなかったけれど唄い始めることにした


画像 573-s

唄っているうちに 少しずつ集まってきた

637049_1320670564-es-e.jpg

ボランティアの人達も集まってきた


私の唄も唄ったけれど
みんなで唄える唄を みんなで一緒に唄った

固い握手をした たくさんの笑顔を見た
泣いてる人もいた

こんなに喜んでもらえると思ってなかった

つい最近 仮設住宅で 割腹自殺があったそうだ
孤独が増えている
音楽 話すこと 心で触れ合える時間そのものが
今とても求められている事を
現地の方は切実に話してくれた


2011-11-07 18.35.20-s

やだ帰らないでって 手を引っ張って
最後までそばに居た6歳のあいちゃん (わたしの隣の子)
大きくなったら何になるの?と聞くと
お医者さんだって

風邪ひいたり、怪我しても
自分で治せるから だそうだよ

「楽譜ぼろぼろだね」 って あいちゃんが言うから
「わたし路の上で歌ったりもするから ぼろぼろなんだ」 って答えたら
「路の上は変でしょ」 って返された… おませなあいちゃんめ



片付けて プレハブ小屋を出て灯りを消すと
外は何にも見えない真っ暗だった
車のライトで照らして お別れをした

あいちゃんが 「あ、星!」と 月の横に光る 一個だけの星と
高い月の方角を指さした

物語みたいなの と思った

あらゆることが小説より奇なりなの

こんな悲しい出来事は 遠い遠いお話ならいいのにと思う
崩れた家も 積み上げられた瓦礫も 死んでしまった人も 毒侵される星も

でも 話は続けていかなきゃ
あいちゃんは お医者さんになるのか
黄金浜のみんなが また一緒に笑えるのか

その続きを見るには お話を綴り続けなきゃだから

ボランティアも 演奏などに来る人も 一時期と比べすでに激減しているそうだ
また 支援も同じ所だけに集中していたりして
支援されてない所はされてない と 格差があるらしい

黄金浜には、私と同じ歳のイギリス人のジェイミーが中心となって
ネットで呼びかけて集まったという外国人ボランティアが多く来てくれていた
日本も まだまだもっと 出来ると思う

迷惑でなければ 私はまた唄いに行こうと思っている
なるべく早く行けるようにしたい

プロフィール

Mami

Author:Mami
唄い手
九州の自然の中におる、
Mamiともうします
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
word/ song/ vocal/ piano/ keybord/ illust/ craft/
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
オフィシャルサイトはこちら
http://www11.plala.or.jp/goodsound/Mami/
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
メッセージはこちらへ
mami_book@yahoo.co.jp

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
シンプルアーカイブ
Categories
Category Sum
全記事一覧
日々 41
memo 1
音楽 3
制作の記録 2
ライブの記録 19
2
物づくり 0
お知らせ 16
未分類 1
Mami TOUR 2011 34
ALBUM "WORLD" 1
Mami TOUR 2012 35
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。